Hollyland Lark Max vs DJI Mic – どちらが頂点に立つか?

Hollyland Lark Maxは、Hollyland Technologiesから新たに登場した最新のワイヤレスマイクシステムです。この市場はかつてRodeが支配していましたが、Lark Maxはその上位エントリセグメントに挑戦します。前作のLark 150をアップグレードしたもので、今回はもう一つの強力な製品、DJI Micと比較します。

DJI Micは常に業界の標準であるRodeのGoと比較されますが、Lark MaxはDJI Micとどう対抗するのでしょうか。この議論でその答えを見つけます。

DJI MicとHollyland Lark Maxを同じ条件でテストし、それぞれのパフォーマンスを比較します。また、スペックを詳しく見て、どちらが自分に合っているかを明らかにします。

image 86
image 85

以下は2つのマイクを並べた比較表です –

DJI MicHollyland Lark Max
**価格**$329 (2 TX + 1 RX)$299 (2 TX + 1 RX)
**技術**
ワイヤレス技術2.4 GHz2.4 GHz
送信機 (TX)22
受信機 (RX)11
RFチャネルスキャン2400 to 2483.5 MHz2400MHz〜2483.5MHz
最大作動範囲 (見通しあり)820フィート (約250メートル)820フィート (約250メートル)(見通しが良い場合)。障害物があるエリアでは60メートル。
内蔵レコーダーオプションありあり
暗号化あり – 独自あり – 独自
変調GFSKGFSK
**受信機 (RX)**
受信機の取り付けオプションホットシューマウントとプラグインオプションホットシューマウント可能。3.5mm TRSプラグインオプションもあり。
オーディオチャンネルの最大数22
オーディオポート3.5mm TRSメス出力 – 1、ヘッドホン用3.5mm TRSメス出力 – 13.5mm TRSメス出力 – 1
USBポートライトニングアダプタおよびUSB-Cアダプタ対応の拡張ポートUSB-Cオス – 1。USB-Cからライトニング及びUSB-CからUSB-Cケーブルが付属。
オーディオ出力レベル-12 dBから+12 dB-10dBから+10dB
周波数応答範囲50 Hzから20 kHz20 Hzから20 kHz
電源充電式リチウムバッテリーLIPO-ROHS
内蔵バッテリー容量320 mAh490 mAh
フル充電時の作動時間5時間9時間
バッテリーの総充電時間160分2時間未満
ディスプレイOLEDタッチスクリーン(バッテリー充電状態を含むメニュー項目をフル表示)AMOLEDインジケーター(バッテリー充電状態や録音状態を含む情報を表示)
重量24.9グラム60グラム
**送信機 (TX)**
デザイン内蔵マイク及びレコーダー付きクリップオンオプション内蔵マイク及びレコーダー付きクリップオンデザイン。磁石取り付けオプションもあり。
RF出力パワーオプション100mW
オーディオポート3.5mm TRSメス入力 – 1ラベリアマイク用3.5mm TRSメス入力
オーディオレベル制御なしあり
レコーダーサンプルレート48 kHz48 kHz
レコーディングビット深度24-Bit24-Bit
メモリーカードオプションなしなし
内蔵録音14時間
オーディオファイル形式WAVWAVロスレス
同期方法独自独自
アンテナ内蔵内蔵
電源充電式リチウムバッテリー充電式LIPO-ROHS
内蔵バッテリー容量320 mAh300 mAh
フル充電時の作動時間5.5時間7.5時間
バッテリーの総充電時間70分2時間未満
重量30グラム33グラム
**マイク**
マイクタイプ内蔵内蔵
サウンドフィールドモノモノ
カプセルエレクトレットコンデンサー
指向性パターン全方向性全方向性
等価雑音レベル23 dB A-weighted
最大SPL114 dB SPL120dBSPL(デフォルト)、最大128dBSPL
**充電ケース**
バッテリータイプ充電式リチウムバッテリーLIPO-ROHS
内蔵バッテリー容量2600 mAh2800 mAh
フル充電時の作動時間15時間TXとRXのフル充電2回分
バッテリーの総充電時間2時間2時間
重量162.2グラム202グラム
充電インターフェースUSB-CUSB-C

続きを読む: Hollyland Lark Maxのレビュー: 次世代ワイヤレスマイクシステム

接続性

DJI Micには、3.5mm TRS入力など多様な接続オプションがあります。これにより、録音中にヘッドホンを接続して音声をモニターできます。また、DJI MicのTXをカメラのホットシューに取り付け、3.5mm出力をカメラの3.5mm入力に接続することで、音声をカメラに直接録音することも可能です。さらに、拡張ポートにUSB Type CケーブルやLightningケーブルを接続して、AndroidやiPhoneなどのスマートフォンに接続し、音声を直接カメラに録音することもできます。

Lark Maxも同様のオプションをすべて備えており、必要なケーブルやアダプタがすべて同梱されているため、追加のアクセサリーを購入する必要がありません。開封後すぐに撮影を開始できます。

互換性

Lark Maxは、ほとんどのカメラやスマートフォンと連動できるように設計されています。TRSからTRRS、TRSからTRS、USB-CからUSB-C、USB-CからLightningデジタルケーブルなどの提供されたケーブルと適切なポートを使うことで、どのようなデバイスとも互換性があります。

lark max cables

DJI Micも、多くのデバイス、特にLightningまたはUSB-Cポートを使用するスマートフォンと互換性があります。受信機の拡張ポートに適切なアダプタを挿入し、その後デバイスに接続できます。

システムはカメラのホットシューに取り付け、3.5mm TRSケーブルを使ってカメラに音声を録音することができます。

DJI MicとLark Maxは共に、カメラや電話に接続するための多彩なオプションを提供します。また、Lark Maxには追加のケーブルが複数同梱されており、互換性が向上し、さまざまなシステムと連携できます。

送信機の数

Hollyland Lark MaxとDJI Micは2つのTXと1つのRXを持つシステムです。公平を期するため、デュアルTXバージョンのDJI Micを使用しました。どちらのシステムも、携帯用兼充電ケースが付属しています。

IMG20230630095551 2
dji mic tx rx

周波数

Lark Maxの周波数応答範囲は20Hzから20kHzです。DJI Micの周波数応答範囲は50Hzから20kHzですが、周波数カーブなしではあまり意味がありません。Lark Maxの方が若干広い範囲の音を出力できることを述べておきます。

ワイヤレス範囲

Hollyland Lark Maxの最大作動距離は見通しのある状態で250メートル(820フィート)です。これはDJI Micと同じ範囲です。Lark MaxとDJI Micのワイヤレス範囲はRode Goよりも優れています。Rode Wireless Go IIの最大作動距離は656フィート、初代Wireless Goはさらに短いです。

多くの人が250メートルのワイヤレス範囲を現実的な利点と感じないかもしれませんが、YouTubeコンテンツクリエーターや遠距離から動画を撮影する人にはこの延長された範囲が役立ちます。TXのある場所に障害物や干渉があると範囲と音質が低下することを覚えておきましょう。

コントロールとインターフェース

Lark Maxの大きな特徴の一つは、TXとRXに広範な制御機能が組み込まれていることです。これは、DJI Micに便利なタッチスクリーンインターフェースがあり、多くの操作を行えるからです。DJI Micの人気の理由の一つです。

Lark Maxにもタッチインターフェースがあり、DJI Micと同様の操作が可能です。また、TXとRXにはタッチインターフェースを補完するボタンとロータリーダイヤルもあります。

OLEDディスプレイの明るさを調整できるので、夏の晴天の下でも見やすくなります。ディスプレイには、2つのTXのバッテリー状況や入力音量などの情報が表示されます。

RXには、ノイズキャンセリング、ミュート、録音を簡単に操作できるボタンがあり、カメラ側からの音声モニタリングが容易になります。

RXには音声強化、ローカットモード、Hi-Fiモードなどの機能を調整できるイコライザーもあります。

音質

2022年にDJI Micが発表されたとき、主な焦点はその音質でした。ポータビリティに問題はありませんでしたが、価格が少し高いため、ビデオグラファー、YouTuber、コンテンツクリエーターはクリアで信頼性のある音質を求めていました。しかし、DJI Micには少し失望しました。特に制御された環境外での録音時に音質がやや劣るという問題がありました。

もう一つの問題点は、TXの設計がラベリヤマイクなしで動作するものであるのに対し、シャツの襟元に取り付けたときの音質がやや抑えられて感じることです。これが原因で、話している人が別の方向を向いているように感じられることがあるのです。この問題はマイクをスピーカーの口元に手持ちで近づけた場合には発生しませんでしたが、手持ちで使うことを想定して設計されたものではありません。

さらに、DJI Micのデッドキャットは風の強い環境では風雑音を遮りきれず、これは特にモトブログを行ったり、カメラで録音する場合に問題となります。

Hollylandは、Lark 150の音質や主な競合製品であるDJI Micを改善することに非常に力を入れました。Lark Maxには同じレベルの音質とポータビリティが求められていました。

我々のテストでは、Hollyland Lark Maxは素晴らしいパフォーマンスを見せ、私は音質の面でLark Maxを支持します。テスト中、車両の動きや近くの建設現場からの雑音が十分に抑えられました。

初回のレビューで行ったテスト以外にも、繁華街でテストを行い、音質と周囲のノイズキャンセリング機能を確認しました。

その際には、同じ2.4GHzスペクトラムを使用する他の機器の影響もテストし、Lark Maxは周囲の雑音をうまく遮り、Advanced Automatic Frequency Hopping技術のおかげで信号が多い場所でも干渉がほとんどないことが確認できました。

BluetoothやWi-Fi機器がある部屋でもLark Maxは素晴らしいパフォーマンスを発揮しました。

バッテリー寿命

DJI Micの送信機(TX)は320mAhの充電式バッテリーを搭載し、5.5時間の録音が可能です。フル充電には70分かかります。Hollyland Lark MaxのTXは、フル充電で7.5時間録音が可能です。

DJI Micの受信機(RX)も320mAhのバッテリーを搭載し、フル充電で5時間稼働します。フル充電には160分かかります。対して、Hollyland Lark MaxのRXはフル充電で9時間稼働し、490mAhのバッテリーは2時間未満でフル充電できます。

どちらの製品も充電兼キャリーケースが付属し、迅速に充電が可能ですが、実際の使用時にTXとRXがどれだけ持つかが重要です。この面で、Hollyland Lark Maxは優れています。

DJI Micも公平を期していえば、TXとRXを最大14時間録音できる充電機能を持っています。Lark Maxは、TXとRXを2回フル充電できるため、TXで15時間、RXで18時間作業が可能です。

耐久性とビルド品質

DJI Micのユーザーに評価された主要な改善点の一つはビルド品質です。Rode Goとは対照的に、ビルド品質が優れているだけでなく、特に充電ケースは非常に好評で、便利で実用的でもありました。

Rode Goのユーザーがよく抱える問題の一つは、TXがバッグの中で紛失することです。DJI Micの充電ケースがこの問題を解決しました。同様に、Lark Maxの便利で強力な充電ケースも同じレベルの顧客満足を提供します。

Hollyland Lark Maxの充電ケースのビルド品質と電力保持能力は挑戦でしたが、Lark C1、Lark M1、およびLark 150の充電ケースもシンプルで機能的でビルド品質が良好でした。Lark Maxもそのシンプルなデザインと優れたビルド品質を引き継いでおり、DJI Micと競争できます。

DJI MicのTXの重さは30グラム、Lark MaxのTXは33グラムです。どちらも非常に軽量です。

一方で、DJI MicのRXは24.9グラム、Lark MaxのRXは60グラムとかなり重いです。しかし、Lark MaxのRXの寸法は58×40.83×23.17mmと、DJI Micの47.4×32.2×17.3mmよりも大きいです。カメラにTXをマウントするなら、これらの重量差は大きな問題にはならないでしょう。

価格と入手可能性

DJI Micの価格は$329で、他の代替製品と比べてかなり高めです。例えば、Rode Wireless IIやHollylandの他のワイヤレスシステムなどがあります。Lark Maxは同じ機能を提供し、より長い作業時間とさらなる互換性を持っています。両方のシステムは、主要なオンラインおよびオフラインの店舗で世界中で入手可能です。

シェアする

Facebook
Twitter
Pinterest
LinkedIn
John Doe

John Doe

複雑なカメラ、オーディオ、ビデオ技術を分解するのが得意な技術愛好家のジョンです。私の専門知識はソーシャルメディアや電子ガジェットにも及び、最新の技術トレンドを誰にでもわかりやすく、エキサイティングに伝えることに力を注いでいます。魅力的なコンテンツを通じて自分の知識を共有し、技術愛好家や初心者の仲間たちとつながり、魅力的なテクノロジーの世界に命を吹き込むことを目指しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

目次